サラリーマンでも副業でできるリップルとは?

今おすすめ!リップルコインで次世代仮想通貨の実力を堪能

リップルがビットコインの後継と言われる理由

リップルコインを語るキーワード

投機用通貨として着実に存在感を強めつつあるリップルコイン。
世界規模で見るとすでに数多くの有名金融機関と提携を結び、どこの国からでも安全に送金が行えるようにするなど、「リップル包囲網」が順調に出来上がりつつあります。
リップルコインは取引の処理性能において、ビットコインをはるかにしのぐ性能をそなえていると評価されています。
大まかにいうと、リップルコインでは1秒間に1500件ものトランザクションを記録することができ、なおかつ万全のセキュリティシステムがととのえられているため、不正アクセスに遭うリスクもほとんどありません。
大手金融機関との提携をいち早く取りつけたのもリップルのかしこい戦略と言えるでしょう。
主要金融機関での取引が受け付けられるようになれば、当然、通貨としての実用性が向上しますから、リップルコインの存在感はますます強まることになります。

斬新な管理システムで価値を安定化

リップルコインならではのシステムとして、「ロックアップ」が挙げられます。
プログラムによってトータルの発行量が細かく制御されているビットコインなどとは異なり、リップルコインは「ロックアップ」というシステムによって全体のおよそ50パーセント以上が凍結されており、その分はリップル側でさえも自由に動かすことができません。
「ロックアップ」では、凍結したコインのうち一定割合を毎月市場に解放するシステムになっています。
このシステムによりコインの価値の安定化がはかられ、ビットコインのように一夜にして価値が暴落する、という事態をふせぐことにもつながります。
つまり、「ロックアップ」というシステムそのものが通貨のバックボーンとして機能しており、万一の場合のセーフティネットとしてはたらいているのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る