サラリーマンでも副業でできるリップルとは?

今おすすめ!リップルコインで次世代仮想通貨の実力を堪能

大注目のリップル!ビットコインとは何が違う?

リップル取引でおさえておきたい税金対策

個人の場合でも、仮想通貨取引には税金の知識が不可欠です。
副業として取引を行う場合、納税形態がやや複雑になるため、予備知識をきちんと仕入れておきましょう。
税金の納付が遅れたり、納税方式が間違っている場合は慎重でなくても脱税とみなされる可能性がありますので注意してください。
個人の場合、取引によって一定以上の利益が確定した場合は雑所得として課税され、法人の場合はこれに法人税が加算されます。
雑所得の申告は、毎年の確定申告で行います。
青色申告の大きな利点は、赤字を次年度以降に繰り越すことができることです。繰り越しが認められるのは最大で3年間です。
注意すべきもう一つのポイントは支払いのタイミングです。
税金ごとに納付期間が異なるため、取引を開始する前にこれをチェックしておく必要があります。

リップル取引と確定申告

仮想通貨トレーダーにとって確定申告は、年間の利益をきちんと申告するために不可欠なプロセスです。
提出すべき書類が膨大なため複雑に感じられるかもしれませんが、手続き自体は指定された書式の指定された場所に必要な情報を記入するだけなので、実際はそれほど難しくありません。
最近ではWeb上で手続きのマニュアルを見ることができますので、初心者は一度チェックしてみましょう。
「申請主義」をとっている日本では、納税も自分から申告して行うことになります。
仮想通貨初心者の場合、確定申告をついついおろそかにして思わぬ追徴課税が発生することも稀ではありません。
なお、確定申告では、保険料控除、医療費控除、扶養家族控除など、さまざまな控除を適用することができます。
控除の対象となるかどうか不明な場合は、担当者に直接問い合わせるか、事前にウェブ上のマニュアルを参照してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る