サラリーマンでも副業でできるリップルとは?

今おすすめ!リップルコインで次世代仮想通貨の実力を堪能

大注目のリップル!ビットコインとは何が違う?

結論から言うと、仮想通貨トレードで得た利益は一定額を超えた時点で課税対象となります。 リップルコインももちろん例外ではなく、トレードによって生じたキャピタルゲインは原則として課税対象となるので注意しましょう。 確定申告についてもまとめましたので参考になさってください。

リップルがビットコインの後継と言われる理由

アルトコインのなかでも頭ひとつ抜けている印象のあるリップルコイン。 リップルがここまでの急成長を遂げた背景には、ビットコインの微妙なポジションの変化やアルトコインへの高まる期待感、ユーザーひとりひとりのニーズなど、目に見えないさまざまな要素が関係しています。

リップルコインはリアルマネーに勝てるか

仮想通貨が仮想通貨であるだけで価値を見出されていた時代は、もう終わりつつあります。 これからの日本では、リアルマネーに匹敵するレベルの実用性をもつ仮想通貨がもとめられており、その意味でも、リップルコインの今後の取り組みに注目が集まっています。

リップルコイン副業で要注意の税金対策

ビットコインの後継となるアルトコインとして最有力なのがリップルコインです。
米国投資家のクリス・ラーセンによって開発され、今では1000億を優に超える市場規模をキープしています。
リップルコインは、仮想通貨の歴史とパワーバランスを根底から変えつつあります。
より直接的な表現を使えば、「リップルコインがビットコインを抜くかもしれない」ということで、トランザクションの処理性能や価値の安定性の面ではすでにビットコインとは比べものにならない優位性を発揮しています。
米国で産声をあげたリップルコインですが、その利便性から短期間のうちに仮想通貨としての知名度を安定させ、早くもビットコインにならぶ次世代の仮想通貨として認識されつつあります。
世界各国の金融機関と提携しているリップルコインは、2016年あたりから日本国内の銀行などとも協力関係を結び、本格的な普及に向けた足がかりをととのえつつあります。
それはすなわち、「現金のかわりにリップルコインを介しても海外への送金が行える」ということですから、世界規模での取引を日常的に行っているプロの投資家にとってはまさに願ってもない朗報となります。
ビットコインとは異なり、もともと汎用性の高い仮想通貨をめざして開発されたため、仮想通貨初心者にとっても比較的簡単に仕組みを理解しやすく、なおかつ安全な取引を行いやすいというメリットがあります。
仮想通貨トレードを副業としてはじめたいと考えている人も、すでに投資家としてある程度のキャリアを積んでいる人も、このサイトを読んでぜひとも参考になさってください。

TOPへ戻る