売買取引

一軒家

仲介手数料の考え方を理解しておく

不動産の売買をするときには、その不動産を実際に所有している人と交渉をしなくてはいけません。しかし、不動産の売買では直接的に不動産の取引を交渉することが非常に少ないことを知っておかなくてはいけません。実際に売買をするときには、その不動産を管理している管理会社や仲介業者と交渉することになるのです。そして、こうした業者を仲介として売買取引を行うときにはこの業者に手数料を支払わなくてはいけません。仲介手数料は、法律によってどの程度の金額を支払わなくてはいけないかが決まっています。土地と建物の価格をあわせた金額で請求されるため、交渉するときにはきちんとこの手数料の見積もりも計算に入れなくてはならないのです。このように、不動産を売る際には様々な注意点があるので不動産を売る際や購入する際には不動暖業者の方に相談することが大切です。

余計な仲介手数料を支払わないようにする

仲介手数料を支払うときには、業者に対して余計なお金を支払わないように気をつけなくてはいけません。仲介手数料は、不動産の価格に3%をかけて消費税と6万円を足した金額が相場となります。しかし、この相場は全ての物件に対して適用されるものであるため土地と建物が分かれているときにはそれも加味した金額になるのです。例えば、土地は存在するにも関わらずその土地にまだ建物が建っていないときは建物分の仲介手数料を支払う必要はありません。これは、将来的にその土地に建物が建つことがわかっていても支払う必要がないのです。不動産の売買では、こうした土地や建物に関する条項付きの契約を行うことができます。こうしておくことによって、仲介手数料を安くすることが出来るのです。

木材を利用してお得

内観

木材利用ポイントとは、木造住宅の新築や増築、木造製品の購入によってポイントを獲得し、獲得したポイントを地域の農林水産商品など好みの商品と交換することができる制度です。

省エネな住宅を建てるエコ

インテリア

日本は現在、エコな住宅を建てることを政府が推奨している事から様々な制度が行なわれています。現在最も利用しやすくて便利な制度として知られているのが省エネ住宅エコポイントという制度です。

注意して利用する

家

省エネ住宅エコポイントは近年開始されたエコな住宅の新築やリフォームなどを行なった住宅に付与されるポイントのことを言います。ポイントには付与できる上限があり、利用できる期間があるので注意しましょう。